UO日記_ver2.0

がじぇっとぶろぐ時々MMORPG。現在平常運転中。

The Elder Scrolls Online 翻訳(Stonefallsその6-1)

f:id:trys0909:20140811052116j:plain

Tanaval Indril


Balrethの後始末のクエストです。「Davon's Watchその3」からの続きの物語です。
-----
The ElderScrolls Online
ゲームそのものに興味を持たれた方はこちらを。
-----

 

f:id:trys0909:20140811052320j:plain

Balrethはその役割を果たした。コブナントどもはDavon's Watchから駆逐されたのだ。
今こそ、あれを元いた場所に戻さねばならぬ。アッシュマウンテンの深部にな。

 

プレイヤー
何をすべきかな?

 

f:id:trys0909:20140811052528j:plain

わしも確かなことは知らん。わしはBalrethを独房からもぎ取るために太古の儀式と秘された伝承を利用したまで。お前が見たのはわしのその努力の結果だよ。わしの自慢の息子GarynはいまもBalrethをまどろみに返すために働いておる。あいつがお前を導いてくれるだろう。

 

プレイヤー
どこへ行けばいい?

 

f:id:trys0909:20140811052622j:plain

Garynはこの町の西の、アッシュマウンテンの登山道で会えるだろう。わしはあいつの護衛のため兵を送る。Garynはすでに何をするべきか知っているとわしは確信しておるよ。

 

プレイヤー
じゃあ、Garynに報告してこよう。

 

f:id:trys0909:20140811052702j:plain

戦士よ、頼んだぞ。お前はパクトにおいて信頼できる者だ。わしはお前が息子を助けてくれることも確信しておるよ。

 

プレイヤー
もう少しだけ、Balrethのことを聞いてもいいか?

 

f:id:trys0909:20140811052734j:plain

Balrethは2体の古代魔術戦車の1体だ。それはBrother of Strifeと呼ばれている。過ぎ去りし時代の兵器だな。
わしはコブナントが我が手にかからぬことを願うが、わしらの祖国に対する脅威は許すことができなかったのだ。
(この台詞は前回の使い回し)

 

f:id:trys0909:20140811052759j:plain

お前は真のノルドのように戦ったんだな。吟遊詩人の物語と歌によって、お前の物語は記憶されるだろう。
そして、俺もお前を覚えておくよ。Holgunnはいつだって友人を覚えているのさ。
(この台詞も過去に出現している)


《アッシュマウンテンに行く》