UO日記_ver2.0

がじぇっとぶろぐ時々MMORPG。現在平常運転中。

6インチZenFone 2 Laser (ZE601KL)がやってきた

このたびメイン端末をPriori2から6インチの ZenFone 2 Laserに世代交代させました。発売日の11月13日(金)にセットアップ、今まで使ってきたファーストインプレッションをお届けいたします。

f:id:trys0909:20151113204032j:plain

 
早速、第一印象の結論を申し上げますと
-----
ハードウエア「★★★★☆」
ソフトウエア「★★☆☆☆」
総合満足度 「★★★★☆」
-----

って感じになります。

 

ハードウェア編:
-----
バックカバーの蓋が硬すぎる(あるいは、仕組みとして開けづらい)。
☆1つ減の要因はそこにつきます。説明通り爪で開けようとすると、怪我をする可能性もありますのでご注意ください。

カバーの開け方は以下画像のとおり。不要になった会員カード等、固くて薄いプラスチックを開放用の隙間に当てて、押し上げる感じにずらすのがいいかと思います。
写真写りの関係で、凹みに近いところをおさえていますが、なるべく遠い端っこをしっかり握って、押し上げてください。ケースが歪むことによって開きます。

f:id:trys0909:20151116193831p:plain

スペック的には、オクタコア(コア8個)と3Gメモリという、データ上いかにも速そうな印象を受ける構成ですが、クアッドコア(コア4個)と1Gメモリの Priori2 と比較して「劇的」な違いは感じられませんでした。

画面解像度の差及び、Priori2 のチューニングが絶妙だったのだろうと感じます。

しかしながら、液晶は圧倒的に綺麗で、その綺麗な液晶で不満のない動きをしてくれていますので、減点項目は一切ありません。アプリの切り替えもスムーズです。

そして、ウリのレーザーオートフォーカスは「素晴らしい」の一言です。
ピントが一瞬で合うのはもはや感動ですね。逆に Priori2 はフォーカスが遅めで、そこがややストレスを感じる部分でした。

 ソフトウエア編:
-----

ここは酷評をせざるを得ません。
どこの国産メーカーパソコンだ? ってくらい、不要なアプリが多いです。
大量にアンインストールし、アンインストール出来ないこれまた大量(現時点で21アプリ)を無効化処理しました。

玉石混交。天候やファイルマネージャーは「玉」ですが、箸にも棒にもかからない「石」や開く気も起きないアプリが多すぎで、せっかくの「玉」の輝きを汚すことをしていると感じました。

総合満足度編:
-----
ソフトウエアはアレでしたが、ハードウエアがそれを補って余りある素晴らしさです。6インチという大きさが人を選ぶところですが、これ1台でなんでもできそうな将来性を感じます。