UO日記_ver2.0

がじぇっとぶろぐ時々MMORPG。現在平常運転中。

The Elder Scrolls Online 翻訳(Stonefallsその10)

f:id:trys0909:20141018183346j:plain

Shuldrashi


狩の相棒を待つダークエルフのお話。
-----
The ElderScrolls Online
ゲームそのものに興味を持たれた方はこちらを。
-----

 

f:id:trys0909:20141018183453j:plain

私はここで狩りをするたびに思い出すの。そして、まだ魂を見ていないということもね。戦いがあった頃、人々はこの壁の向こうで殺され、道路に積み上げられた。それらの日々が私たちの背後にあるの。

 

プレイヤー
あなたはここで何をしているんだ?

 

f:id:trys0909:20141018183422j:plain

言ったじゃない。狩りをしているんだって。でも、火山が爆発してしまったから、Deshaanに向かうのよ。こんがり焼かれたくはないしね。私は相棒が帰ってきしだいここから離れるつもりなの。
あなたはStands-in—Still-Waterっていうアルゴニアンにぶつかったりしなかったかしら?

 

プレイヤー
いや、全く。

 

f:id:trys0909:20141018183546j:plain

彼とは親友なのよ。でも、しゃべりっぱなしなのよ。「静か」なんてことは一切ないわ。彼はここで私と会うつもりだったんだけど、私はもうずいぶんここで待っているのよ。
もしあなたがアッシュマウンテンの北に行くのだったら、彼を探すことはできるかしら? 彼はその辺りでキャンプをしているはずだから。

 

プレイヤー
ああ。もし見つけることができたら、あなたが彼を探していたって伝えるよ。

 

f:id:trys0909:20141018183603j:plain

ありがとうね。最近はこんなふうに助けてくれる人も多くはないわ。私みたいなホコリまみれのAshlanderだと特にね。
私達はDeshaanの門を通り抜ける前にKragenmoorの近くにあるDavenas農場で休む予定だったの。彼もそれは知っているはずよ。

 

プレイヤー
あなたはAshlanderなんだ。

 

f:id:trys0909:20141018183619j:plain

そうよ。でも、ほんというと、私には一族が居ないの。私は狩りと交易で生計を立てているのよ。私とStill-Waterは自然を守りつつも、その道の外にいるのね。

 

プレイヤー
あなたの一族に何があったんだ?

 

f:id:trys0909:20141018183631j:plain

彼らは生き残っているし、健在よ。だけど、話せば長くなるし、私もそれほど時間があるわけじゃないの。
Still-Waterはちょっとした追放者なのよ。彼はパクトの調印がなされる前にDres家の奴隷から逃げてしまったの。そんなわけで、私たちは長いことつるんでいるって感じかしら。


《彼女に教えられた方向を探すと、死体が見つかる》

 

f:id:trys0909:20141018183651j:plain

「そのアルゴニアンの死体は冷たくなりはじめている」

 

プレイヤー
「死体を調べる」

 

f:id:trys0909:20141018183702j:plain

「Stands-in-Still-Water は alit(グアーを凶暴にしたようなモンスター)によって引き裂かれたようにみえる。彼のダガーはいまだ鞘に収められ彼の傍らにあった。その柄には明らかな印章がある」

 

プレイヤー
「ダガーを拾う」

 

f:id:trys0909:20141018183723j:plain

Still Waterの日記

それを延期することはできない。Drashi(Shuldrashi)が正しい。我々は内陸に向かう必要がある。Deshaanだ。我が故郷の沼に沈むように。多くの灰が空に舞っている。地平線からは戦いの音が聞こえる。3つの旗が(パクト・コブナント・アルドメリ)StoneFallsにやって来たが私のようなはぐれ者には居場所がない。恥ずべきことだ。しかし、私はこの場所が好きだ。
-----
Shuldrashiと私はAshlandsでやっていくための良い物を持っている。だいたいはマッシュルームの後ろや、火山のくぼみに這いつくばるという汚れる仕事の欠片たちだ。彼女はダークエルフの氏族に対処している。私はAshlanderについて語る。我々は良いコインの表裏である。願わくばこの時が続きますように。
-----
この荒野は私にとって都合がいい。しかし今や、それらは彼女も同じであるように思える。ダークエルフをパートナーとするなど、私は考えたこともなかった。しかし、彼女からは私への尊敬を感じる。Shuldrashiは私に対する疑問を口にしない。命令もしない。ただ、彼女の仕事をするだけだ。何日も、私たちは言葉をかわすことなく居る時が数時間はある。そんな時、私は彼女を風のように感じるのだ。
-----
私がDres家の軛から逃れ数年が経った。しかし、いまだ私の傷は痛み続ける。あの日私は学んだのだ。私の主にとっての、そしてダークエルフにとっての私の価値というものを。あの夜、私は風の声を聞き、抵抗することを望んだ。その望みは、私を何処かへ連れ去ったのだ。
私が逃亡した日から、私はダガーを手にとった。それは彼主が私を切りつけるときに使ったものだ。私が生きている限り、それは思い出されるだろう。私自身が忘れることを許さないからだ。

 

f:id:trys0909:20141018183817j:plain

Shuldrashi

 

f:id:trys0909:20141018183827j:plain

あなたは一人でやって来たのね。それは、彼を見つけることができなかったか、私が新しい狩りのパートナーを必要とするかのどちらかね。

 

プレイヤー
どう言えばいいか。私はこのダガーを彼の遺体から見つけてきた。あなたに必要なものだろうと思って。

 

f:id:trys0909:20141018183839j:plain

ありがとう。あれは、そういうことなのね。じゃあ、もうStonefallsが私のために持っているものはなくなったわ。Deshaanに向けて出発するつもりよ。きっと、行く先であなたとで会えそうね。

 

f:id:trys0909:20141018183850j:plain

Still-Waterと私は何年もパートナーだったわ。あなたにとって、これはただの仕事だけど、知っておいてほしい。あの時一緒に荒野にいたんだから。なんてこと。私はあのウロコ野郎を失って、きっと寂しいのね。